FC2ブログ








六道さんへ 

一番暑いこの時期 
慌ただしく お盆関連の用事に 
お盆の行事が続く、、、
行ける時にはと 
お精霊さん(おしょらいさん) お迎えに 

そうそう お精霊さん迎えに行く前に 
お墓参り、、、お盆は家に帰ってはるし
お盆に お墓行ってもお留守って考え方なんです  

お盆のお参り 庵主さん来てくれはる前に 
六道さんこと 六道珍皇寺へ 

15,8,8

15,8,8 六道珍皇寺 (2)


六道の辻 って彫られてます 
これは小野篁(おののたかむら)が
辻の井戸を通って この世とあの世を行き来し 
昼は宮中に仕え 夜は閻魔大王の書記官を務めたという伝説に
基づいているとされています。

15,8,8 六道珍皇寺 (4)


お参りの作法が記されています 

15,8,8 六道珍皇寺


鐘を撞くと書かれてますが 
撞くんやのうて 引っ張るんですよ  

15,8,8 六道珍皇寺 (3)

15,8,8 六道珍皇寺 (5)


昔 子供の頃は ほんま沢山の方で 
水塔婆書いてもらうんも大行列でしたが 
昔から思うと 訪れる方が減ったように思います、、、

訪れる方の高齢化や 
お盆行事の簡略化が原因でしょうか、、、 
義母さんは お精霊さんの御膳されませんし 
最近では お供えセットがデリカで販売され よう売れてます  
子供の頃 『お盆は仏さんせなあかんし』 って 
何処にも行けへんのが当り前でしたが 
今はそんなこと言わん様になりましたね 

今年は御朱印 頂いて来ました  

15,8,8 (6)


書き置きで 頂ける4種類の限定 金朱印があるんですが  
2日目で既にありませんでした 
皆さま 良くご存じって事ですね  
まあ 4種で 2,000円やった思いますから、、、
又出逢いがあった時で  

いつも 夜 お精霊さんのお迎えだけなんで、、、
一度 明るいお昼間に訪れたいなと思います 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
スポンサーサイト



[ 2015/08/10 08:30 ] お出かけ。散歩 | TB(0) | CM(4)

お盆が来ますねぇ~
そっちは色々としきたりや風習が古くからあるし
見て楽しい事もあるでしょうけど、それを続けて行くのって大変なんでしょうね・・

我が家もお盆準備が始まりました・・・
取り敢えず、お墓掃除だけでも終わった事が嬉しい・・
あまりの猛暑に行けない覚悟してましたから・・

そっちは、まだまだ暑そうですよねぇ~
倒れないで下さいよぉ~


作って待ってる妄想・・・当たってかもぉ~
リン子は旦那にさえもそれですから・・・v-408
夏娘さん、するどい・・v-424
[ 2015/08/10 15:25 ] [ 編集 ]

ポンデリン子さんへ

こんにちは ヽ(^o^)丿 
お盆のしきたりや風習ってゆうより 
子供の頃からそうしてたし 何となくって事が多いです。
仕事をしてた頃は行けへんかったし 
少しずつ訪れる方が減ってる感じも納得ですよね。

その時その時で 出来る時に出来る事だけネ (´∀`*) 
リン子さんも無理しないで下さいね^^


やっぱりね~ 
でも駄目なんですよ 
子供にとって 先回り完璧にすぎるのは 
過保護 重い母親になっちゃう (;´Д`A ``` 

旦那さんには イッパイしてあげてね (≧▽≦)
[ 2015/08/10 20:25 ] [ 編集 ]

おはようございます。

>子供の頃 『お盆は仏さんせなあかんし』 って 
>何処にも行けへんのが当り前でしたが 
さすが京都ですね。
古くからの言い伝えや風習が残っているのですね。
六道の辻は平安前期(836年)・・・って1100年前?(^_^;)
夏娘さんはじめ京都の方々は、
日常のフツーの生活の中でそれを脈々と繋いできたのですね。
京都の底力を感じます(*^_^*)
でも、伝承を伝えるのは大変なことですね。
[ 2015/08/11 06:58 ] [ 編集 ]

Re: おはようございます。

理事長の妻 さんへ 
おはようございます ヽ(^o^)丿 

> 古くからの言い伝えや風習が残っている 
残ってると言うよりも 
今迄が当り前の様に こうするんって言われる事に
何の疑問も無くして来たんや思います(笑)
私はそうでしたね (;´Д`A ``` 

それが少しずつ変わって来たんは感じます 
お精霊さん迎えに 観光ツアーの方来てはるの 
今年初めて目にしました 
それも案内人はお坊さんの姿 ツアー客は日本人 
イヤ珍しいんって初めて知ったんですけど ( ̄Д ̄;;

核家族 家にはお仏壇ないんで 
子供はこんな習慣しりません 
観光の方が目を向けてくれはる事で 
残って行く習慣かもしれませんね (;´Д`A ```
[ 2015/08/11 09:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoiwotumugu.blog.fc2.com/tb.php/584-e0bdf908